15

小さな露天風呂がある銭湯

昔、よく近所の銭湯に行きました。

中でも、小さな露天風呂がある銭湯が好きでした。

暖簾をくぐり、番頭さんに料金を渡して脱衣場へ入りました。

浴場は濃い霧のような湯気が広がり、大人が入るちょっと深めの風呂、ジェットバス、水風呂、入ったことはありませんが電気風呂、そして小さな露天風呂がありました。

小さな露天風呂が好きだった

3特に肌寒い季節はこの露天風呂がお気に入りでした。

足をつけるとぬるっとした岩に触れ、ゆっくり入らないと滑りそうでした。

植生もあり、頭は涼しく体は温かく、大変心地よかったです。

つい長く風呂に浸かっていると喉が渇きます。

お風呂上がりは定番の

風呂上がりには持ってきた着替えの服を着て、髪をドライヤーで乾かしてからようやく冷蔵されているコーヒー牛乳かフルーツ牛乳をよく飲みました。

ラムネも開けるのが好きでよく買っていました。

コーヒー牛乳等は瓶に入っていて、紙の蓋が付いていました。

それを取る道具とラムネを開ける道具が冷蔵庫の上に置いてありました。

爪を切っているので手では開けられず、道具を使って開けました。

95それは針が付いていて、紙の蓋を刺して取るというものでした。

それを使って開けることも面白かったです。

時々、クラスメートと会った時は、どの風呂が好きか、上がったら何を飲むか話したりしましたが、露天風呂に入ると不思議と口数は減りました。

夜に露天風呂に入ると月が見えたりします。

子どもながらに銭湯で露天風呂に入れたことは良い思い出です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事