1

スーパー銭湯について

1独身時代は残業で遅くなったとき、仕事で精神的、肉体的に追い込まれた時などに疲れた体を広い湯船で癒すため、近所にあるスーパー銭湯に通っておりました。

無料の送迎バスも最寄駅から30分~40分に1本あるために移動も大変楽です。

スーパー銭湯内の施設

33湯船(外風呂、内風呂)につかった後、サウナに10分程度入り、適度に汗を流す。

その後は休憩室の自動販売機で買うコーヒー牛乳を飲んでおります。

また、通っているスーパー銭湯内にはあかすりマッサージ(30分で4200円)、理髪店(カットのみ1000円)もあり、ついでに行くこともあります。

また、施設内にある食事についても大変美味しく、こちらも利用しており、今は1週間に1回は必ず家族で通っております。

尚、一年間に身体に貯まった垢を洗い落とす意味を込めて年末には風呂、あかすりは必ず行っております。

私の同じ考えなのか年末はあかすり場は大変混んでおります。

子育てにもよいスーパー銭湯

2結婚して、子供が産まれてからは子供に公共の浴層でのマナーを教える意味も込めて子供とも通っております。

身体を洗ってから入る、湯船ではおとなしく入るなど基本的なことを教えております。

公共の場でのマナーを学ばせるにはスーパー銭湯が一番ではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事